おいしい紅茶 通販 販売 GMT 紅茶専門店 紅茶教室

GMT紅茶専門店 紅茶教室
GMT紅茶専門店 紅茶のお話
GMT紅茶専門店 紅茶教室

こちらでは、紅茶の葉っぱが出来た後、どのようにして私たちの手元にやって来るのかお話しましょう。

茶園で出来上がった紅茶葉は、オークション(競り)にかけられるのですが、その前に、
紅茶の葉の良し悪し(品質)を、紅茶専門の鑑定人「ティーテイスター」が鑑定(紅茶の葉のランク付け)をします。
鑑定人には、複雑な特性を持つ紅茶の味、色、香りを審査する感覚的な技術と、
紅茶製造や取引相場などの知識が必要で、的確な判断が難しい仕事です。

紅茶の世界が確立されてから今日まで、色んな科学的な分析が行われてきましたが、
依然として紅茶の鑑定は、テイスターの五感による審査が主なんです。
紅茶は、飲んで美味しければ良い!ということですね。

GMT紅茶専門店 紅茶教室

紅茶の品質基準は、
1.紅茶葉の見た目
2.紅茶を実際に淹れてみた水色(すいしょく)
3.紅茶の香り
4.紅茶の味
5.茶殻の状態(香りなど)

そして、紅茶のテイスティングは1度だけではありません。紅茶は色んな段階でテイスティングされているんです。
まずは、紅茶を作っている紅茶工場。
次は、紅茶の取引時。(茶園で出来た紅茶の価格を決める時)
さらに、紅茶メーカーでブレンドする場合は、ブレンダー(紅茶を配合する人)が品質を計るためのテイスティング。
最後に、一般の方が味わった時です。

↓下の写真は、紅茶工場でのテイスティングの様子です。

GMT紅茶専門店 紅茶教室GMT紅茶専門店 紅茶教室

テイスティング室は一般的に北向きで、直射日光を避けた窓際の明るい部屋が使われています。
蛍光灯の光は、紅茶の水色を見誤らせるので、自然光が利用されています。
紅茶のテイスティングは、「カップテスト」と言って、紅茶葉をフタ付きのカップに入れてお湯を注ぎ、蒸らします。
蒸らし終わったら、カップのフタを押さえながら、抽出できた紅茶を別のカップへ移します。
最後の一滴まで紅茶が落ちるよう、斜めに向けてカップの上に乗せておくんです。
茶殻はフタの裏に整えて乗せ、色や香りを鑑定します。
カップの紅茶は、テイスティングスプーンですくって、「ズーッ」と一気に音を立てながら、
空気と一緒に口に含んで、舌の上でころがしながら味わいます。
この方法で、紅茶の味と香りを審査するのですが、紅茶は飲まずに吐き出します。
何百種類もある紅茶の味を、淹れるごとに全て飲むわけにはいかないので、
こんな方法でテイスティングをしているんです。

GMT紅茶専門店 紅茶教室

テイスティングを経て出品の決まった紅茶は、オークションにかけられます。
この紅茶オークションは、昔からあった紅茶流通のひとつで、最初はオランダで開かれました。
そして、ロンドンで公開された紅茶オークションが好評となり、世界中の紅茶がオークションに集まるようになりました。
ロンドン、アムステルダム、カルカッタ、コロンボは古くからある伝統的な紅茶オークションで、
その後、コーチン・チッタゴン・ナイロビ・ジャカルタなどの地方にも増設されました。

紅茶オークションは、日本の魚市場での競りのように、次から次へと流れるようなスピードで紅茶が競売されていきます。
この時は、紅茶工場(茶園)は取引に関わらず、エージェント(代理店)に一任しています。
なので、紅茶葉を買い付ける時は、スピードとエージェントの腕が重要なんです。

一般的な紅茶メーカーでは、いくつかの紅茶葉をブレンド(配合)して売られることが多いのですが、
この紅茶ブレンドの一番の目的は、消費地の水に最も適した配合をして、より良い紅茶を作ることなんです。
例えば、イングランド東部の水は硬水ですが、その他のイギリスの地区は軟水で、
同じ紅茶の作り方では、どちらかにしか合いません。なので、それぞれの地区向けの紅茶をブレンドするんです。
また、紅茶は天然の農産物で、同じ茶園でも紅茶の品質はシーズンによって変化するので、
品質の安定を図るためにもブレンドは利用されているんです。
品質が変化することで、色んな味わいの紅茶を、シーズンごとに楽しめるのですが、
常に同じ味わいの紅茶を提供しなければならない紅茶メーカーでは、ブレンドは欠かせないんですね。

GMT紅茶専門店 紅茶教室

(左)茶園のマネージャーさん
(中)ジャンピエールの友達ドミンダさん
(右)ジャンピエール

紅茶の葉が出来た後のお話はいかがでしたでしょうか。
今回は、スリランカの紅茶工場でテイスティングをしましたが、
現地で飲んだ出来立ての紅茶は新鮮でとてもおいしいものです。
紅茶は農産物なんだなとあらためて感じます。
これからも、シーズンごとのおいしい紅茶を求めて旅を続けます!

GMT紅茶専門店
GMT紅茶専門店

GMT紅茶専門店
GMT紅茶専門店×GMT plus UN
GMT紅茶専門店×GMT plus UN
GMT紅茶専門店

GMT紅茶専門店のサロン
「GMT plus UN」 の紅茶レッスン。
ジャンピエール

紅茶教室
GMT紅茶専門店×GMT plus UN
GMT紅茶専門店 紅茶のお話
紅茶の産地
紅茶の茶摘み
茶園で紅茶が出来た後
GMT紅茶専門店 紅茶の事典
紅茶葉の種類
紅茶葉の等級
紅茶の抽出
紅茶の水色
GMT紅茶専門店 紅茶を楽しむ
水と紅茶
紅茶の道具
基本的な紅茶の淹れ方
GMT“7つ”のこだわり
良い茶葉とは
紅茶に合う水
お湯の温度
茶葉と湯量の割合
ティーポットで蒸らす
抽出時間を計る
心をこめて淹れる

COPYRIGHT(C)2006 GMT紅茶専門店 ALLRIGHTS RESERVED

本当においしい紅茶 』 を召し上がってみませんか?

大切な人に、心をこめて淹れるお茶は、味わいがまろやかで甘く感じます。
それは不思議だけれど本当のお話。
おいしい紅茶を淹れるには・・・
“良い茶葉”と“良い水”と“まごころ”さえあれば、誰でもおいしく淹れることが出来るのです!

GMTでは、紅茶原産地の 「インド」 や 「スリランカ」 などから、
新鮮な茶葉を、直接仕入れております。
毎年、数多くの茶葉から選び抜いた、『 本当においしい紅茶 』 、
新鮮な茶葉でしか味わえない、紅茶の自然な甘みや香りを、ぜひ一度お試しくださいませ。

GMT紅茶専門店 ジャンピエール英貴
紅茶をこよなく愛する、
GMT紅茶専門店の店主 「ジャンピエール英貴」です。

GMT紅茶専門店 GMT紅茶専門店
お好みの紅茶を、
GMTと一緒に探しましょう!



紅茶は好きだけど、好みの紅茶に出会えない。
飲みたい紅茶のイメージはあるけれど、
どの紅茶が自分に合っているのか分からない。
紅茶に興味はあるけれど、
そもそも、紅茶の種類や淹れ方が分からない。


紅茶がお好きなら、どんな方でも大丈夫です!

GMTのホームページを、出逢いのきっかけに、
実際の紅茶店へ入った時のようにお話してみませんか?
味の好みは十人十色、紅茶の種類も色々です。
滋賀県のGMT紅茶専門店では、毎日お客さまとお話をしながら
その日飲みたい紅茶を一緒にお探しさせていただいております。

ぜひ当店で、味わいをお試しいただきたいのですが、
遠方などで、お越しいただくのが難しい場合は、
お電話にてご相談くださいませ 077-521-8686
電話受付は 13:00〜19:00 定休日は 原則 火曜日です。
もちろんEメールでも、 info@gmt.co.jp
ご質問、ご相談をお待ちしております。
滋賀県にあるGMT紅茶専門店のサロン 「GMT plus UN」 です。アンティーク家具が並ぶ店内では、 パリのサロン・ド・テ(紅茶店)をテーマに、
世界の産地から厳選して輸入した、クオリティーの高い紅茶と、手作りの焼き菓子などを、落ち着いてお楽しみいただける空間をご提供しています。
本当においしい紅茶と、オリジナルのスイーツで、ゆったりとしたひと時を心ゆくまで楽しみましょう。<お店へのアクセスはこちら>
GMT紅茶専門店 GMT紅茶専門店 GMT紅茶専門店
GMTは、紅茶の直輸入・販売専門店です。紅茶専門店運営、紅茶のオリジナルブランド企画・製造、紅茶イベント、通信販売、業務用卸など、
“ ティーコンサルティング ”を通じて紅茶文化の啓蒙活動を行っております。
インド・スリランカ・アフリカなどの原産地から直輸入。1997年の創業以来、信頼できる産地とのネットワーク、豊富な知識と経験があります。

GMT紅茶専門店
GMT紅茶専門店

おいしい紅茶 通販 販売 GMT 紅茶専門店